読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランスパラント・フットプリント

ちはやブルーフィルム倉庫

暁美ほむらはまつろわない(未完)

叛逆前に書こうと思ってたけれど、機を逸したしもう書くこともない気がするまどマギほむらちゃん本の見せ場の落書きを発掘したのでおいておきます。要望があったので。 パターン2の方が古いしまとまりないです。 かなめまどかのことをカゴメマドカとか言っ…

諦点観測(プロット状態)

ぼくらは、諦めることで生きている。 1、エンカウント 「どうでもいいけどきみは欲張りすぎだ。二兎を追う者は一兎も得ず。このことわざはきっと、いくらきみに学がなかろうと、きっと人生の最初のほうで、覚えてるはずだ」 「知ってる、切り株の前でじっと…

フィッシャーズ・フィールド

高校生 会長・副会長・書記 踏切の向こう側で手をつないでいた。 生徒会の副会長と書記の二人はいつも最後まで残って仕事をしていた。会長の私はというと、家が店をやっているものだから、早く帰って手伝いをするなり家事をするなりのことにあたらねばならな…

バリー・サウザンド

大学生 才気ある方視点 ダメそうな子がいつもまとわりついている、いやなきもちはしないけれど、卑屈なところがカンにさわる、助けてもらわないとなんもできないのに。いろいろいっていると「でも、あたしはあなたみたいにできるわけじゃないんだもの。すご…

薊の棘(アザミノトゲ)

主人公(少年)20程度 精神年齢16 主人公(少女)15程度 精神年齢高め 主人公はもちろん、自分も生きることに意味を見出せない男子。にわかに少女を救おうとかなんか自分の使命感見いだしちゃった少年視点メインから、いやべつにそんなことおもってないんだ…

コンビニラノベネタ

15歳店長♂ 浪村展長(なみむらのりなが) 夏・南の方・しけたコンビニ・押しつけられ店長業務 もしくは押しつけられじゃなくて、自分からそれをしなければならない何か。 →自分探しの旅の途中、コンビニでクレーム付けたら店長はいません。 →店長募集中。 →ワ…

YAMINABE

闇鍋戦記 □キャラクター 「はい、かぁん。もひとつ、かぁん」 「なっ……ば、化け物!!」 「失敬な。ああ、わたしを化け物と呼ばわったことにじゃあないよ。そんな豆鉄砲でこの『逆鍋』がどうにかできると思っちまったことだね」 「ぬう……」 芝屋狭左衛門の視…