読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランスパラント・フットプリント

ちはやブルーフィルム倉庫

この日まで返せずにいた消しゴムをけんけんぱーのさいごにおいて

しんしんといつのまにかの寒空にそろそろときはちぢむころです

 

伸びすぎたあなたの爪を含みます傷つかぬよにはんでゆきます

 

あの子だけ桐のリボンの夏の空第二ボタンをケヤキの下に

 

きみのもと走ってしまったあの娘リボンの味をおしえてやるよ

 

似た痕を見た気がしてならぬきみの着る化学の強いあの子の白衣

 

高らかなきみの髪をば失敬しこそげ取りたる歯間の腐骨

 

引っこ抜きくびる太さに足りており差し直したるひかりケーブル

 

この日まで返せずにいた消しゴムをけんけんぱーのさいごにおいて

 

くらいあなおちゆくきみをつかまえて「はずれ」と右手残してゆきぬ

 

剃刀を引いてみたらば赤くなり二度目を引けば青くなりゆく

 

前だけを向いていてねときみが言い白目の上に指紋が立った

 

アスファルト落ちてゆきたりはらはらと 蛾なら殺すが蝶なら踏もう

 

許すまじあの名かくしたきみの布ほどいてもどしおのれのいとで

 

705あるじうしない猫の影廊下の電気を点けておくため

 

白い芽を摘み取ったのは決まってる黒い風だと囁いている

 

プレゼントあやまちの日をあとにしてピンにささやけ祝いの歌を

 

死に絶えてかつて原野の墓場にて背中の棘をかぞえて眠る

 

スカートをめくりふともも押してみるしいろいはだは逆らいもせず

 

さらさらと諸手の椀にすわるきみ飲み干してなお苦き汁かな

 

演じられえんじかえすも世の常か熱のありかを既に知る指

 

白魚と褒め称えたりその指をおびえないでとどこまでまがる

 

あなただけ深夜一時の接吻は畳のかおり噎せそうになる

 

ぼくらにはいいところだと浴衣連れひぐすりけぶり悲鳴夏夢

 

あいのたねあなただけならだいじょうぶ声も出さずにしんでゆきます

 

しとしとと濡れ続けたり庭の姫ボタンの数がひとつ足りない

 

ぬいぐるみあなたつめかえ出かけます煙草の香るはさみ根こそぎ

 

われけもの肉と草むしにおいたつ濁らむ月よ盃は砕けたり

 

この世より痛まぬものと知り果せ窪み押し込む針はマカロニ

 

五時限もひとり無色の椅子を噛みコバルト臭う愚者のあしです

 

やまねむるきりのちょくほうぼくの名は下着の裾にもすべりこめずに

 

着信音たかいたかいとあやしたりはしゃぐきみの手つかみそこねて

 

しみったれ腐れついたり白肌着赤く染めれば荒れぬこの手よ

 

ぎざぎざをのどもと当てて音を聞くこどくの浸みた苟且の爪

 

その回路噛み続けてはエレクトロ たまりゆくまで塩化ビフェニル

 

古語辞典いつのまにやら二冊あり鋼鉄の箱四十リットル

 

朝凪にあおさあおさとしおみつるきのみきのまましずめもせずに

 

はきすててひろわば刺さる米かじり埋めど摘めど二度とはえぬぞ

 

さめざめとほそながいものすすりますさしもゆくえのあばらぼねです

 

愛する夜始発来たりて終了と狩猟の成否その酒量にて

 

母はまず油性かたてにカレンダー九月三日を切り刻んでいる

 

そのリップあのせんぱいとお揃いねいいえジャスコのワゴンセールで

 

火遊びははるか昔の風便りかくしきれずに泣いております

 

吃逆をくりかえすきみに酢を飲ませやわらかくなれと言ってみました

 

鬼を刺すカラタチの葉が欠けているアゲハてふてふタマゴ踏みつけ

 

さかあがり砂蹴り上げて足上がる裏に書かれた数字を読んだ

 

クソッタレきのみきのままはかなんでしおのみずからみなもをのぞむ

 

塩コショウ警戒色の朝食に炒り卵だと言い聞かせている

 

われらにもはりめぐらされた情報線からまぬひとつ沈んで赤く

 

たわむれる物干し竿とういしきみみつめてすごす日曜の朝

 

まあまあのおみやケーキははんぶんこ100円引きを貼り付けてみる

 

姿見に畜生のごとしきみのかお鼻毛の先を焼いてみている

 

あたしにはふりむきもしないロールプレイダッシュボタンを埋め込んでやれ

 

かじかんで狙いあやまちつみれしる小指をネギにそっとさしいれ

 

ありしひに板前にきみささやいて鉄火ふたつがサビ抜きでした

 

鳴り止まぬハートビートとかまいたちおもいすべても破いてしまえ

 

空いたれば枯れたアロマに湯を注ぎ蒲田アメリカ四畳半風

 

(2009-10-08他初出 当時よく遅延していたツイッターの合間に詠んでいたもの)