読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランスパラント・フットプリント

ちはやブルーフィルム倉庫

コンビニラノベネタ

作品未満 ネタ 少女 少年

15歳店長♂ 浪村展長(なみむらのりなが)

夏・南の方・しけたコンビニ・押しつけられ店長業務

もしくは押しつけられじゃなくて、自分からそれをしなければならない何か。

→自分探しの旅の途中、コンビニでクレーム付けたら店長はいません。

 →店長募集中。

  →ワー

  

「じゃ、じゃあ、俺がやってやるよ!」

 

14歳オーナー♀ まい

ヒロイン。主人公が来た時も一人レジで突っ伏して寝ていた。

いつも店のバックで寝てる。ナルコレプシ。

不思議系というよりは基本頭の弱い子。計算は出来ない。

 

 なんでこの店を持っているのかは不明。

  →

「いっぱい買い物して欲しいの。そうすれば帰れるから」

「ちがうよ」

「ねむいですー」

「1820円に……ねまーす。おつりは……もってけー。おあずかりはぜんぶ」

「てんちょうやめてください、てんちょうやめてください」

「てんちょうおたわむれおたわむれ」

「てんちょうには、おきゅうりょうが出せません。ちゃんとはたらいてください」

「……いいんです。わたしひとりでも……ムニャ……できま……ピンクのカバさ……zzz」

「夜はもうお客さんとかきませんからね。おかねはらいたくないのでカード切って帰ってください。おーなーめいれいですー! さもなくば、くびーーー!」

「いえあの……おトイレにですね……ぁ」

「このお店は実は宇宙船なんです、あの階段はコントロールルームに繋がっているんです、わたしは、この街を征服に来たエイリアンなんですよ。最後に、今日はエイプリルフールです。てんちょうひっかかったー! やったー!」

「まいはこう言うことにしています。パパとママが大好きだったちいさなお店がありました。パパとママはあるとき『こうすればもっとお金がいっぱいはいるほうほうがあるよ、お金があれば、いい暮らしができるよ、そうすれば奥さんも子供もしあわせだよ』と言われました。でも、てんちょうくんももう知っていますよね、プラスだけなんて、ないんです。パパとママは、知りませんでした」

「こうして、このお店は生まれました、プラスです。ではマイナスはどこにいったんでしょうね。マイナスはいのちでした。そのマイナスはとても大きかったので、まいにほんのちょっとだけプラスをくれました。でも、そのプラスは、まいにとってはだいじだけど、たいせつなものでは、なかったんです」

「……いっぱいしゃべって疲れちゃいました。まいはもう寝ます。」

「てんちょう。あなたをクビです。そんな顔しないで。もうここにはプラスがないんです、てんちょうくんにあげるプラスが、ないんです」

「トニーさんはお金を盗んだりしてませんよ。そんなもの、最初から無かったんです。

「てんちょうくん、わたしを怒らせないでください。

 

 

17歳アルバイト♀  土井奈々

 

 ギャル きょにゅう 魔法少女

 

「マジ店長? ウソ! え、なに、罰ゲーム? 超笑える! いくつ? 16? マジ? いいの16っていいの犯罪じゃね? すげー! カメラあるんでしょカメラ!?」

「ねーてんちょー何聞くの?」

「てんちょー。大丈夫疲れてるんじゃない? え、だってさほら、昨日もらったのマジ多いよ? いーのこんなにもらっちゃって! ってそんなわけいかねーしー。あ、やべーてんちょーこれであたし買ってくれるの? マジデー。でもあたしそんな安い女じゃないしー」

「てんちょー、あとやるからあたしの宿題やってー」

「学校行きたくないし、ここにもきたくねーし」

「あの子はなにかんがえてるかわかんねえし、てんちょーはウジウジしはじめてはなしにならないけど、あたし、あいつだけはダメだ。考え方がキライだ、男らしくない。キショい」

「宇宙人ねえ、宇宙人はわかんねーなあ。いるのかなー。いてもいいんじゃないかな」

 

「あれ、てんちょーは聞いてないの。あたし、もう先週でヤメてんだよ。今日はこれもらいにきただけってワケ。ししし。そ、これでてんちょーやあのこや胸くそわるいあいつともサヨナラってこと。まあ、胸くそわるいけど、あいつも悪い奴じゃなかったよな。

 ああ、あたしもうきっと、来れないからさ。

 ーーこれから、決闘なんだ」

 

 決闘? 展長は訪ねた。奈々は笑うだけだった。展長はいつもの軽口なんだと考える。そりゃあそうだ、いつだって土井奈々は茶化していたんだ。本気でがんばることなんて、何一つこの世にないとばかりに。

 だから意地悪く展長は聞いた。なんのために? と。

 答えなんか最初っから期待していなかった。あらかじめシフトの予定を聞いたって、ろくすっぽこたえてくれやしないのだ。ヒマなくせに。でも、トニーは言ってたっけ。「いつなにが起こるか、わからないのかもしれませんよ」

 そんなことが、あるものか。

「ーー守るため」

 ききのがすところだった。そのまま奈々は外にでてしまった。後ろ手でバイバイのジェスチャ。

 

 耳が赤かった。

 

 

35歳ニート ♂ ヤマザキ アルバイト

 

 糸目。一日中雑誌を読んでいたが、雑誌を破った事を伝えに来て謝る。カネはないという。じゃあ働けば?

 意外と出来る男。

 

「待ってくれないか、ぼくは週刊誌より重いものを持ったことはないんだ」

「そうだねえ、不思議なことはいっぱいある。ぼくらがいないときあの子はどうしてるんだ? あの子はいつも寝ているように見えるけど、なんだかんだでぼくらが来た時は起きてくる。そしていつの間にか効率悪く見える仕事をしている。わかるかな、あの調子で、ぼくらが関われない仕事を全てこなしているんだとしたら、彼女はものすごい働き者だし、ろくに寝てすらいないんじゃないかな」

「なんだ、きみは彼女に好意を持っているくせに、そんなことも知ろうとしていなかったのか。器が小さいのはどっちだったのかな」

「店長くん。なんでぼくを信じてしまったんだい? いっただろう。失うものがない人を、信じてはいけないって。ぼくはきみに言ったろ、ぼくのママは先日死んでしまった、だから、その日からぼくは失うものが何一つ無い狂犬なんだよ」

「そう、それでいい。がんばれ少年。きみには失いたくないものが、まだまだあるはずだ」

 

 

おまけ

各話サブタイのネタだけど、上のとは特にリンクしていない。

第一話 釣り銭を換えに。

第二話 『アルバイト募集中』

第三話 ジュースインザジューキwithジュークボックス

第四話 けたちがい(放送時タイトル:シナモンロールまんの悪夢)

第五話 夜の公園でジャスコ・ドゥ・イット

第六話 現金はどこだ!

第七話 当確アイスクリーム:前編

第八話 当確アイスクリーム:後編

第九話 にっぽー「てんちょ返ってきません/七日目(たぶん)」

第十話 虚業の果てに

第十一話 権利の証明

第十二話 レジスター・レジスタンス

最終話 『あるばいとぼ収中』